ランキングで英会話スクールを発見〜素敵な学校見っけ〜

色々な人種の人

教材について

黒板に英語を書いている手

TOEFL対策教材 その1

TOEFL対策の勉強をするにあたって、初めての人は不安だと思います。しかし、基軸は英語の勉強でもあるのです。TOEFL対策は英語の4技能対策でもあるのです。言語では、リーディング、リスニング、スピーキング、ライテイングが必要です。TOEFL対策として必要な教材は必ずしも問題集だけではありません。リーディングでは、子ども向けの洋書を読むところからスタートです。1ページにわからない単語が0?3が目安です。読めてきたと感じたら、自分で無理やりレベルを上げるのも大切です。リスニングでは、映画やドラマを使ってできます。好きな映画やドラマを選んで、1回目は日本語字幕・英語音声、2回目以降は英語字幕・英語音声で見ます。このとき、わからない表現があれば、日本語字幕で確認したり、辞書を引いてもかまいません。そして、ときどきシャドーイングしてください。慣れてきたら、英語音声のみで見てください。このとき、シャドーイングして、できたら、自然とその表現が自分で言える状態です。自分で言えないものは聞くことができません。TOEFL対策では、耳を鍛えるだけでなく、自分で英語独特の音を出すのも大切なのです。

その2 ライテイングとスピーキング

TOEFL対策では、スピーキングとライテイングも重要です。両方とも、ネット上にはテンプレートというものが存在します。採点はコンピューターなので、かなりの高確率でこのテンプレートが役に立つのです。スピーキングは、先ほどリスニングで紹介したことプラス、実践が大切です。もちろん、問題集を使って、テンプレートを組み立てて、練習することも大切ですが、留学先では、必ずしもアカデミックなことばかりというわけではありません。買い物にいったり、銀行へ行ったり、生活表現が大切になります。でも社会人になれば、なかなかネイテイブと話す機会がありません。しかし、異文化交流を目的にミートアップというものがあります。それに参加すれば、英語アップにつながります。ライテイングは、ネイテイブにみてもらうのが一番ですが、一般レベルの点数であれば自分で出すことができます。書いて書いて書きまくる。時間との勝負でもあります。